メニュー

江戸川区の観葉植物専門店です。様々なシーンやお好みに合わせた植物をご用意しています。

  1. 03-5668-1187
  2. 03-5668-0487

平日 13:00~18:30 / 土日祝 11:00~18:30 ※水曜定休(祝日除く)

instagram facebook line

植物の育て方

育て方のポイントは3つ!

適切な水やり

適切な水やり

土が湿っている状態での水やりは、根腐れの一因になるため観葉植物にとってタブーです。土が中までしっかり乾いているのを確認してから、受け皿に出る位たっぷり水を与えるのが基本です。土が中まで乾くと土内に空気のかたまりができ、そこに土の中の老廃物・虫や菌が集まります。

【土が乾く】【老廃物を集める】【水で押し流す】のサイクルを回すことが適切な水やりの方法になります。

※受け皿に出た水は必ず捨てるかタオルなどで吸い取ってください。

風を通す

風通し

閉め切った空間に観葉植物を設置すると、生育が悪くなり新芽が出なくなったり、病害虫や菌が繁殖して枯れたりすることがあります。できるだけ風通しのよい場所に設置しましょう。

スペースの都合で部屋の角や壁際に置く場合は、週に一度は鉢植えを回転させたり、窓際で外の空気に触れさせたりするよう心がけます。
サーキュレーターの活用や直接揺らして滞りを解くのも有効です。

観葉植物の出身地を意識する

温度管理

熱帯で育つ植物を日本の厳冬期に外へ出すと、植物は枯れてしまいます。夏場でも、エアコンの冷風が当たる場所は避けたいです。その植物の産地から、どんな環境で育ったかを意識し、適切な温度管理のもとで育てましょう。

グリーンインテリアでは、植物ごとに原産地・光・水・温度の目安を記載した育て方資料を付けております。

置き場所にあった植物を選ぼう

好む日照量は品種により異なります。日向を好むものは窓際に、日陰を好むものは部屋の奥にと、設置場所に応じた観葉植物を選びましょう。

置き場所にあった植物を選ぼう

自分に合う植物を選びましょう

ご自身のライフスタイルから、観葉植物を選ぶのもポイントです。
たとえば、外出が多く手がかけられない方は木本類などの管理が容易な植物を選ぶ、といった具合です。

また、「見た目が好き」な植物を選ぶことも重要です。
愛着のわく形状でないと興味がなくなり、植物の変化にも気付かず、場合によっては枯らしてしまいます。
見た目のかわいい植物を選べば、植物のちょっとした変化にも気付きやすくなりますし、適切な対処を施すことで永く元気な状態を保てるでしょう。

自分に合う植物を選びましょう

育てる上での注意点

水の量と頻度を杓子定規で決めない。
密閉空間で温湿度の変化が大きい場所は避ける。
基本は室内管理。外に出していいのは春と秋。

観葉植物を選ぶ

Copyright ©Uniworld Co., Ltd. all rights reserved.