A GREEN LIFE ! > 今週の入荷情報!
入荷情報

今週の入荷情報!

green-interior
A GREEN LIFE !

今年も最後・・・

12月に入り寒さも増してきましたね。外に出るのも億劫になってしまいますが、今週もいつも通りモリモリと植物が入荷しております!
例年寒さが苦手な観葉植物は冬になると流通量も落ちます。
が、植物は基本一点ものですので樹形のよいもの、珍しいもの、とにかく惹かれるものがあれば冬でも購入をオススメします。
もちろん寒さに強いものもありますので、冬だからといって見過ごすのは勿体ないですよ。
沖縄便は年内は最後、次回は年明けとなってしまいます。

今週の入荷植物詳細

中~大鉢系

・トックリヤシ10号・・・沖縄県は屋宜さんのトックリヤシ。当店では鉄板です。
・フィカス・アムステルダムキング10号曲がり、カシワバゴム10号、カシワバゴム・バンビーノ10号、フィカス・アフリカンプリンス10号曲がり・・・沖縄県天久さん。毎回安定の仕上がりで店頭でも人気です。
・ブラッサイア10号、8号・・・沖縄県仲村さん。今回もワイルドな仕上がり。
・ユッカ10号・・・三重県辻村さん。定番のユッカですが、ほんとよく売れます。
・ストレリチア・レギネ10号・・・千葉県イマキさん。花芽もついて華やかです。
・オリーブ・ルッカ10号・・・香川県鶴亀さん。今回のはボリューム満点。
・ユッカ・マヤツリー9号・・・岐阜県A-plantsさん。毎度メンズライクなスーパーワイルド仕立て。
・プリカーツム・アカキ9号、7号・・・三重県舘園芸さん。足元や棚に存在感のある1鉢として使いたいですね。カッコイイ。
・ウンベラータ8号2本曲がり・・・愛知県PURE GREENさん。オンリーワンな樹形。シャレオツ。
・シマトネリコ8号・・・千葉県高橋園芸さん。季節を問わず安定の外用。
・アグラオネマ・ビクトリー8号・・・沖縄県は沖縄植物園さん。ここでしか作ってないアグラオネマ。ボリューム満点。
・サンスベリア・ゼラニカ・・・愛知県なかや園さん。安定の人気。育てやすいのが一番。
・トックリラン斑入り7号・・・愛知県PURE GREENさん。斑入りのトックリはまだまだ珍しい。とてもよい。
・モンステラ根上7号・・・東京都八丈島みやび園芸さん。枯渇中のモンス。よいところ2鉢。
・リプサリス・プニセオイディスカス7号・・・愛知県nichidoriさん。抜群の存在感。素晴らしい仕上がり。
・ハイドロカルチャー観葉セット6号・・・愛知県三浦園芸さん。飾りやすい。いつの間にか当店の定番商品に。
・ドラセナ・コンパクタ・ドラド・ジャネットリン6号・・・愛知県PURE GREENさん。このサイズはあまり出回ってませんね。飾りやすい。
・ストレリチア・レギネ6号・・・静岡県荒川園芸さん。コンパクトによくできてます。
・トラディスカンティア6号・・・千葉県旭園芸さん。鮮やかな色がいいですね。ボリューム満点。

小鉢系

・サンスベリアMIX4号・・・静岡県ボタニカルガーデン大杉さん。久々の再入荷
・ベンジャミン・バロック3.5号・・・愛知県nichidoriさん。このサイズは店頭では久々。お探しの方はぜひ。
・パキラ実生3号・・・沖縄県トーマスファームさん。こちらも久しぶりの入荷。よくできてます。
・実生MIX2.5号・・・三重県ドリームファームさん。当店定番商品。毎回よい仕上がりです。

今週のパワープッシュ

基本全部オススメですが、中でもパワープッシュなのは・・・

中~大型系
ウンベラータ8号2本曲がり

なんといってもこのフォルム。


トックリラン斑入り7号

斑入りのトックリは結構前からものは見ていましたが入荷は最近ようやく。
今までは価格が高値の花子さんで見送ってました。入荷しては即売れを繰り返しています。

小鉢系 ベンジャミン・バロック3.5号です。

しっかり作りこまれているのがわかる。素晴らしい仕事。


今回挙げた3鉢は全て今年11月に行った愛知出張で直接見て仕入れてきたものになります。
間違いない!

12月の植物管理

観葉植物は一年の中で冬越しが1番難しいといわれています。

コロナ禍で家時間が増え植物を置くようになった人も増えていると思います。
簡単にポイントを抑えてうまく冬越しして、人も植物も元気な状態で暖かい春を迎えたいものです。

置き場所

基本的に光の入る明るい日影がよいでしょう。日の入らない玄関、朝晩の冷え込む窓際、エアコンの風が当り過ぎる場所・・。
置き場所ひとつ気を遣ってしまいますが、植物にとっては死活問題です。
なるべく明るさがあり空気の流れのある場所がよいでしょう。

温度

植物によって耐寒性も違いますが、観葉植物は基本的にそこまで寒さに強くはありません。
最低でも5度以上、リーフ系は寒さに弱いものが多いので10度以上は欲しいところです。
長時間家を留守にするような時は温度面でひと工夫してあげるとよいですね。

水やり

一般的に冬は乾燥気味に管理すると耐寒性がつくといわれています。
植物によって水の頻度は変わりますのであくまでも乾いてからたっぷりとという表現が適切かと思います。
基本は夏より水を吸い上げるペースは落ちるかと思いますが、床暖房を使っている家なんかはとても暖かいので
冬でも乾きが意外と早かったりします。元々お水が好きな植物は注意ですね。

今週は土曜も植物の入荷予定(リーフ系中心)があります。そちらもご期待ください。



msm

観葉植物専門店グリーンインテリア
http://www.green-interior.jp/

Facebookで更新情報をチェック!