A GREEN LIFE ! > 朝晩が冷え込む季節になりました。
ブログ

朝晩が冷え込む季節になりました。

green-interior
A GREEN LIFE !

今年も間もなく師走

今年は年明けして春になってからはコロナ禍に突入してしまい、とても暑かった夏も過ぎ去ってあっという間に秋になり、そしてもう冬の様相に。残りもあと1か月、本当にあっという間の1年でした…(*_*)

さて今日は植物の話題から一旦離れまして、冬なら温かくスタミナが有るものを食べたくなりますね!そこで今回は私がおすすめのお店の紹介をさせて頂きます。私は食のレポーターでは有りませんのであくまでも私見である事だけご了承ください"(-""-)"

さて本題になりますが、どこの街中を歩いていても「ラーメン屋さん」の無い所はありませんね。ラーメンは国民食といっても良い食べ物ではないのでしょうか。

そしてひとえにラーメンといっても、醤油・塩・味噌・魚介・豚骨…とても範囲が広いですね。

その中で、今日は私が愛してやまない『横浜家系ラーメン』の名店のご紹介をします!(^^)!

横浜家系ラーメンとは…

1974年に神奈川県横浜市の新杉田(現横浜駅前)にオープンした「吉村家」さんが家系ラーメンの元祖になります。豚骨や鶏ガラから取った出汁に醤油のタレを混ぜた「豚骨醤油」のスープと鶏から抽出した鶏油が乗り、太いストレート麺とホウレンソウ・チャーシュー・海苔のトッピングで提供されることが多いです。麺の硬さや油の量、味の濃さを好みに応じて調整してもらえます。元々は吉村家から暖簾分けしたラーメン店により広まったもので、屋号に「〜家」が多かったことから、家系(いえけい)という通称で呼ばれるようになりました。

ただ今日では残念ながら、看板だけ家系で中身の伴っていない店が多いのも事実です( ;∀;)

柏市にある『王道家』さん


店主様は「吉村家」で修業をし、独立され直系店当時「家系四天王」とまで言われていた超優良店です。その後紆余曲折あり吉村家直系ではなくなりましたが、王道家グループの基幹店として、本物の「家系ラーメン」の味を味わることが出来る数少ないお店です。

ラーメン界で千葉県は超激戦区です、有名店も数多くある中で「2021年版ラーメンwalker千葉の総合第二位」にもなりました。
私は王道家さんの味に惚れぬき、都内某区の住まいから定期的に柏まで通い続けています。もはや私にとって日本一大好きなラーメン店さんだといえます!
というか、ラーメンは王道家さんとそのグループ店さん以外は殆ど食べることは無いです。
そのくらい、大好きなラーメンですね!

とにかく濃厚なスープ


1日に数百キロは有るという豚骨や鶏ガラを手間暇かけしっかり煮込んだ超濃厚なスープ。私は家系ラーメンを食してから30年にはなりますが、ここまで濃厚なスープは他店ではまずありません。

一般的に家系ラーメンは豚骨醤油と形容されることが多いですが、「王道家」さんはパンチのきいた切れのあるスープで醤油もキリっと立ち「醤油豚骨」だと言えますね。

ガラをしっかり炊いているからこそ出来る、パンチのきいたパワフルで濃厚な味、ぜひ一度ご賞味ください。

色々なトッピング


またご家族連れや女性でも入りやすいアットホームな雰囲気、色々な種類のトッピング類やカウンター上には色々な調味料
があります(#^^#)
とくに私のおススメは、たまねぎと味玉です。バリエーション豊富ですので、色々なトッピングを楽しみ、自分の好みの物を見つけるのも良いのでは。

場所は当店からは離れますが、JR常磐線・東武野田線柏駅から歩いても数分、水戸街道沿いで駐車場も完備しています。

 お住まいのお近くのエリアのお客様はもちろんのこと、当店にお越しのお客様も帰りに少し回り道して本物の家系ラーメンを味わってみるのもいかかでしょうか。

 

「王道」とは

儒教で理想とした、有徳の君主が仁義に基づいて国を治める政道だそうです。
転じて今日では「正攻法」「定番」「定石」の意味で用いられるようになっているようです。

対義語としては覇道、儒教の政治理念で、武力や権謀をもって支配・統治することになるそうです。


植物の「王道」は何か?

観葉植物を業としている中で王道なものは何だろうと考えました。
これだけ種類があり、また品種もあり、その中で何が良いのか。

色々考えた結果、とにかく育てやすさと樹形のバリエーションからして『パキラ』かなと思います。

標準的な樹形のパキラ
商品はこちら→



個性的な樹形のパキラ(傘のように広がるパラソル仕立て)
商品はこちら→→



レアな実生のパキラ・ミルキーウェイ
商品はこちら→→→


管理は、日照面は直接日光が届かなくても、リビングなど長時間電気がついている部屋であれば多少の暗さには耐えられます。理想の置き場所は、やや遮光した窓際や午前中に日差しが入る風通しの良い部屋などです。暗すぎる部屋に置く際は、時々明るい所で日光浴させてあげましょう。ただし、夏の直射日光は光が強すぎて葉焼けを起こしやすいので注意します。

お水やりは乾燥状態を好むので、鉢土全体がしっかり乾いてからお水をあげます。特に冬は1ヵ月に一度あげるかあげないかくらい控えめで問題ありません。ただし、真夏やエアコンのかかる真冬の部屋は葉の表面が乾燥するので、こまめに霧吹きをすると病虫害の予防にもなり、葉っぱも潤います。

室温は冬期は5度以上を保ちます。寒い室内に置く場合はできるだけ日当たりの良い場所に置きましょう。エアコンの風が直接当たる場所は葉が痛むので避けます。

あと特筆すべきは害虫がほとんどない事ですね。

特に虫嫌いで観葉植物をはじめて欲しいと思う方は、パキラがおススメ!

本当に王道な観葉植物だと思います。



そして最後になりますが、店の運営をするのに、王道な店づくりをしなくてはいけないと思っています。
まずは購入に来てくださるお客様、そして大切な植物を作ってくださる生産者様、そして私共グリーンインテリアの店舗と、皆が「共に勝つ」様な営業活動をしていく所存でございます。
これからも応援よろしくお願いいたします!(^^)!

Y


商品検索はこちらから

その他お問い合わせは問い合わせフォームから



Facebookで更新情報をチェック!